まるみのたのしい子育て☆東京ライフ

はじめまして、まるみです。娘(小1)と息子(2歳)のアラフォーママです。 昨年春に転勤で住み慣れた大阪を離れて東京へ引っ越してきました。子供といっぱい遊びながら発見できたことを綴っているブログです。

【スポンサーリンク】

今年はどうする?インフルエンザ予防接種はするべきか。

こんにちは。まるみです。

 

昨日は子供たちのインフルエンザの予防接種に行ってきました。今年はインフルエンザのワクチンが不足してるそうですが、運良く子供たちのかかりつけの病院では、10月中旬に予約開始されていたのですぐに予約しました。私も一緒に受けたかったのですが、こども専門クリニックで大人は受付してくれず、ほかの病院を探すことに。やはり「今年度のインフルエンザのワクチンは入荷未定」としている病院が多く、探すのに苦労しましたが、なんとか受付している皮膚科の病院を見つけることができたので、来週にでも行く予定です。いつもは予防接種は子供だけで私も主人も受けたことはありませんが、今年は絶対に受けます!「今年は予防接種を受けるか受けないかまだ検討中」の方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

生まれて初めてのインフルエンザ

絶対にインフルエンザの予防接種をすると決めてる理由は、私が昨年インフルエンザにかかったからです。生まれて初めてです(多分)。もうあんな思いは二度としたくありません(泣)思い出すだけで恐ろしいです。昨年12月、喉の痛みと悪寒があり、市販の風邪薬を飲んだがまったく効かず、内科を受診。念のためと検査したら、あっけなくインフルエンザA型陽性反応が。「ええええーーどうしようどうしよう。」一瞬パニックでした。というのも、この時息子は1歳2か月でまだ「授乳中」だったのです。

先生に相談すると即答で「断乳だねぇ」でした。授乳だけでなく、いろんな心配がいっぺんに頭をよぎります。12月20日ごろでしたので、娘はあと一週間で冬休みに入るところで大阪への帰省も予定してました。子供たちに感染したらどうしよ。帰省できるだろうか。主人は会社を休めるだろうか。泣きそうになりながら、病院から主人にLINEをしたのを覚えています。

 

吸入薬イナビルと症状

高熱と不安でふらふらになりながら、処方箋薬局へ行き「イナビル」を説明を受け、その場で容器に入ってるイナビルを2回吸入しました。イナビルはこれで終わりです。あとは、寝て熱が下がるのを待つだけです。が、すぐに下がるわけがありません。うちに帰るとすぐに隔離。寝室には子供たちは一切入れず、リビングのみで生活してもらいました。のどの痛みと体のだるさは半端なく、普段から貧血気味の私はトイレで立とうとする度に、目の前がクラクラし一人では歩けないほどでした。それは今までの風邪の症状とは全然違いました。とにかく体が重く、とても大きな鎧を着てるようでした。いつものように体を動かそうとしてもうまくバランスが取れず、押しつぶされるような息苦しさもありました。それに加え、息子の愚図る声がすると心が締め付けれるました。

 

 子供たちはどうなったか

結局、私は3日間隔離で子供たちにも主人にも感染しませんでした。主人は会社を休み、子供たちを一人で見てくれました。私はいるけどいないも同然ですから、それはそれは大変だっと思います。リビングの消灯が19時だったのには驚きましたが、寝かせるしかない!と思ったのでしょう。普段まったく料理をしない主人ですが、私にはうどんを作ってくれ、子供たちにはお惣菜などを買って食べてました。息子はこの私のインフルエンザを機に断乳しました。おっぱいも飲めず、抱っこもしてもらえず、当然息子はよく泣いていましたが、3日後にはケロッとしていておっぱいを欲しがることもありませんでした。なんだか寂しい気持ちでいっぱいでしたが、1歳2か月だったので良い機会だったと思うようにしました。

 熱は下がったものの、体が回復するまでには時間がかかりました。娘が冬休みに入り予定通り大阪へ帰省できたのですが、私の体がスッキリできたのは帰省後2日ほどしてからでした。無事に帰省できた。子供たちの感染は免れた。と安心できたこともあったと思います。

 

最後の最後に娘がインフルエンザB型に感染

3月中旬、娘の「卒園式」を控えていました。園生活最後の大切はイベントを間近にして、娘の幼稚園では『インフルエンザB型』が流行り始めてしまいます。何とか無事に卒園式を迎えることができたのですが、ホッとしたのもつかの間でその夜娘はインフルエンザB型を発症しました。卒園式にインフルエンザで欠席してる園児が何人もいましたので、「頭が痛い」と言い出した時点でインフルエンザを確信してました。娘も高熱が続き症状は決して軽くありませんでした。娘は予防接種をしたのに、なぜ?これでも軽くすんだのか?もしかすると、予防接種をした型と別の型に感染したのか?それとも予防接種の効果は5~6か月なので10月に接種すると3月下旬から4月には効果が下がるらしいので効果が切れたのか?実際のところはわかりませんが、この時も家族の誰にもうつらなかったことが幸いでした。

 

予防接種の効果と料金

予防接種は今年度流行する型を予測して作るそうで、A型2種類、B型2種類合計4つの型に効果があるそうです。料金は病院によって異なりますが、どこでも自費なので高いです!私たちの場合は、 息子(3歳未満)1回 3000円、娘(3歳以上)、1回 4000円。これを2回ずつなので、合計14000円。プラス大人1回 3500円で、家族全員分になると21000円となります。ここから主人の会社から補助が出て、実質12000円の負担となります。これでも高いですが、これでインフルエンザにかかりにくくなったり、かかっても軽くすむなら、安いものだと思ってます。私が感染しても、主人が感染しても主人は仕事を休まなくてはなりません。昨年のように私が感染すれば、家事、育児など、全員に大きな影響が及びます。そして、何より子供たちがあれほどツライ思いをするのは絶対に避けたいです。自治体や会社に補助制度があるかないか確認してみてください。(主人は補助制度のことを知らず、私が調べてわかりました。)

 

最後に

娘の幼稚園のママの中に「予防接種は打たない」と言ってるママが意外にもたくさんいました。「うつるときはうつる」確かにそうです。ずっと外へ出ないわけにも行きませんし、マスクをしてても100%防ぐことはできません。ですが、私は確率が少しでも低くなるのであれば予防接種は絶対受けるべきだと思いました。受けられる方はお早めに!

 

 

 

 

 ↓ポチっとして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村